LINE未読無視が増加…その理由とは

最近LINEの未読無視される、未読無視したという話があちこちでささやかれるようになりました。
スマホといえばLINEと言われるほど認知された機能でTVでもよく取り上げられるほどでしたが、ネットを利用するということは人間関係において様々な問題が出てくるようです。
なぜLINEを未読無視するのか?その理由に迫ってみました。

 

LINEがめんどうくさい

これが一番多い理由。というよりもほぼ全ての理由の大本にあります。
以前LINE疲れにも書きましたが、24時間誰かとコミュニケーションがとれるというのはメリットである反面デメリットです。
夫婦でも24時間ともにいればたまには「一人になりたいな」と思う時があるのに、何人もの友人達と一日中繋がっている状況というのは疲れます。
中にはLINEのメッセージ着信にビクッと反応してしまうほどストレスになっている人もいます。
しかし削除してしまうと友人関係が切れてしまうかもしれないので切るに切れない。
だから未読状態で見てなかったという理由をつけてしまうんですね。

 

つい忘れたからもういいや

これも実は多い。
メール全盛期にもよくありましたが、メールを見てあとで返信しようと思ったら忘れてしまい、一日二日たったあとで「あ、そういえば返信してなかった…ま、いっか」となってしまうことです。
内容は大したことじゃないものが大半ですが、忙しい中、着信をみたら約束事だったりしても、作業中だったりすると、作業の流れを止めたくないので後で返そうと思って忘れてしまいます。
LINEにはあらすじのように冒頭の一文が表示されるのでそれを見て判断できてしまうがゆえに未読無視になってしまうという落とし穴ですね。

 

対して仲良くない相手は無視

友人が沢山いるとよくあることですが、優先順位というものをつくってしまうんです。
今仲の良いAさんとしてるからBさんとはできない。ということですね。

 

LINEで駆け引き

これは少し特殊ですが、カップルの片方が相手に対しかまって欲しいという時に使われます。
「無視したらどんな反応するんだろう?」「心配してくれるかな?」などなど。
相手の好意を確認したくてついやってしまう人が多いのですが、ハッキリいって嫌いになるだけなのでやめましょう(笑)

 

ブロックされてる

泣きましょう。