LINEが既読で無視される事に不満

LINEが疲れる理由

スマホで一日中ネットに繋がることが当たり前になり、顔の見えない相手と常にコミュニケーションがとれる人気アプリLINEですが、そのLINEに嫌気が指している人たち…いわゆる「LINE疲れ」の人たちが増えていることとは知っていますか?

 

■知り合いが多い人ほどLINE疲れの兆候
LINEはメッセージがいつどこででも来ます。
なので登録されてる相手が多いほど多くの人とコミュニケーションをとらなければいけなくなり、それにより煩わしくなってしまいます。

 

■マメな人は注意
コミュニケーションにおいてマメな人は要注意!
そういう人ほど、LINEのせいで一人でも常に気遣いをしなければいけない息苦しさに苛まれているようです。

 

■LINEでストレスが貯まる相手
LINEでイラッとくる相手の言動で、LINE疲れがドッと貯まる以下の行動があります。

 

(1)既読が付いているのに返信してくれない!と言われる。
人にはその時々用事があってメッセージを読んでも即返信が出来ない場合が多々有ります。
また内容をしっかり考えてから返信したい、単に今は気分が乗らないという理由で返信を放置することはよくあります。
しかしそういう相手の事情も考えず、読んだのに返信しないのはおかしい!と怒る人が大勢います。
電話と違い、手が空いた時に気軽にレスポンスできるのがこういったツールのウリなのに本末転倒ですね。

 

(2)既読がついているのに返信がない
これは(1)と真逆の立場ですね。
メッセージを送って相手が読んだけど返事が一向にこない。
理由は前述したとおりですが、やはり返事がないと不安になってしまいます。
この不安というのがストレスに繋がってしまうというわけですね。

 

(3)一向に既読がつかない
これは逆に一切読まれないというものです。
こちらのことを嫌いなのか見忘れてるのか……理由がわからないのでストレスになります。
既読をつけない人は既にLINE疲れに陥っており、どうでもいい相手のメッセージは読まないという状態が多いです。
しかし今は「機内モード」などでメッセージを読んでも既読にならないという「LINE疲れ」対策をとっている人がいるので注意。

 

(4)ごめん寝てた
よくあることですが寝てたといってスルーするパターン。
もしくはどうでもいい相手だから無視したということもあります。
たまに二日後、酷い時は一週間後に「ごめん寝てた」と返信する人もいますが「お前は三年寝太郎か」と突っ込みたくなります。
また(3)のパターンで相手に「何で読んでくれないの?」と言った時に言われる返事としても人気です。
ごめん寝てたは100%寝てないので「この人はこっちをどうでもいいと思ってるんだ」と気づいてください。

 

このように24時間コミュニケーションが取れるというのは逆に面倒くさいのです。
メリハリがつけれないままコミュニケーションを強制的に取らされるのはストレスになります。

 

こういったことで女性とのやりとり、出会いが億劫になってLINEを離れる人も増えてきました。
そういった人は出会い系やツーショットダイアルで恋人を探しているようです。
出会い系ツールはこちらの都合の融通が聞きやすく、女性も興味がある相手にだけ連絡をとりますからね。
やはり何事もメリハリがないとストレスが溜まってしまうのです。